家庭用脱毛器を購入する前に知っておきたかった情報をまとめました。
家庭用脱毛器に求める条件(威力・使い勝手・安全/安心性・付加要素)を調べ、比較し、そこからコスパを吟味しています。

家庭用脱毛器家庭用脱毛器
家庭用脱毛器を選ぶコツ、まとめました!!

美顔器

失敗しない脱毛サロンの選び方教えます
家庭用脱毛器本当につかえる?家庭用脱毛器本当につかえる?家庭用脱毛器の選びかた家庭用脱毛器の選びかた家庭用脱毛器人気比較ランキング家庭用脱毛器人気比較ランキング家庭用脱毛器仕様・詳細比較家庭用脱毛器仕様・詳細比較家庭用脱毛器の賢いつかいかた家庭用脱毛器の賢いつかいかた

成功するセルフ脱毛 | 家庭用脱毛器人気比較ランキング > どの家庭用脱毛器が自分ぴったり?各脱毛器の特徴(メリット・デメリット)

失敗しない家庭用脱毛器の選びかた

実際につかって判明した‘意味ある’比較ポイント、教えてます!

‘モノを買って使わない’っていうのが、とてもダメな性格なので家庭用脱毛器・製品カタログ、パンプレット
購入前に各社のホームページを念入りに見て仕様を調査したり
不明点は資料をお店にもらいにいったりして調べました。

とりあえず、威力とか、カートリッジで脱毛できる回数(ショット数)とか、チンプンカンプンだけど、表にしてみて比較。
すると調査前は同じように感じた脱毛器、まったく違う特徴があることがわかりました。

製品の仕様上の比較はできても、実際につかってみると…

(あ、この要素は比較している「基準」自体がおかしいな)
(これは違うようで、差がないな)
(思った以上に、ココに注意しないと便利さが違ってくるぞ!)

と、意味のある比較すべきポイントが見えてきました。

家庭用脱毛器の評判や、比較サイトは数多くあるけれど
比較内容をわかりやすく説明して、納得できる情報は多くありません。

このページにまとめた 「 家庭用脱毛器の選び方 」 を読んでいただければ
迷うことなく、自分が求める「家庭用脱毛器」がわかり、後悔しない買い物ができます。

家庭用脱毛器の選びかた・製品の仕様比較ポイント

トータル価格の総括が気になるトータル価格の総括が気になる所要時間の総括が気になる所要時間の総括が気になる訪問回数の総括が気になる訪問回数の総括が気になる
生理中の対応の総括が気になる生理中の対応の総括が気になる授乳中の対応の総括が気になる授乳中の対応の総括が気になる当日キャンセル料の総括が気になる当日キャンセル料の総括が気になる店内雰囲気接客マナーの総括が気になる店内雰囲気接客マナーの総括が気になる

脱毛計画をたてる

脱毛計画をたてる(イメージ)脱毛計画、とっても重要です!どこのパーツを、どれくらい薄くしたいか。
(足と手、1回の脱毛で6㎠だから××回で、カートリッジは何本必要で…)といった、細かな計画ではなく
広範囲を脱毛したいか、即効性を求めるかどうか。

この計画は具体的に‘脱毛器の種類’を選択するためのものです
‘脱毛器の種類’とは、つまり光脱毛(IPL脱毛)か、レーザー脱毛の2つ。
この2つの特徴は、以下のとおりです。

  • 光脱毛(IPL脱毛):広範囲を効率良く、一気に脱毛できる。レーダー脱毛を比べ、即効性は低い。
  • レーザー脱毛:即効性が高いが、一回で脱毛できる範囲は狭い。

日本で販売されている、有名なレーダー脱毛はトリア しかないので
トリアにするか、それ以外の脱毛器にするか、脱毛計画でわかれます。

評判や値段だけで決めない

家庭用脱毛器、比較してみると

難しい専門用語に圧倒され
ツイツイ良さげな脱毛器に決めてしまう傾向があります。美容(イメージ)

わたし自身、はやく脱毛したい、綺麗になりたい!と浮かれ心で
何回即決しようとしたことか…

でも、比較したら、つかってみたら
抑えなくてはいけない‘重要なポイント’が見えてきて
雰囲気や安さで決めなくってよかった!!と感じています。

ショット数は威力で比較する

コレはつかってみて気がついたことですが
評判・口コミサイトが比較している‘カートリッジの寿命(ショット回数)’は単純比較できません。

よりコスパよく、多く脱毛できるように見せるため
評判・口コミサイトだけでなく、各社の製品ページでも
最小威力でのショット数を明示しています。
つまりは実際につかう威力での比較ではない、ということ。

各社、脱毛の威力も違えば
設定できるレベル数(威力の強弱)も異なります。
最小威力で比較しても、意味がないのです。

だからわたしは、各社の最大威力を調査し、ここから標準的に使用するレベルを割り出し
このレベルに応じたショット数で比較しました。

比較しても意味が薄い要素

比較しても意味が薄い、と感じた要素を、その理由と合わせてまとめます。

最大威力:最大値に設定したら痛みが強く脱毛できず、意味がない ※約50Jレベルか、約20Jレベルかの比較で十分
照射面積:1㎝程度の差なら、脱毛効率に影響しない
照射間隔:どの脱毛器も似たりよったり

知っておくと得をする要素

知っておくと得をする、と感じた要素を、その理由と合わせてまとめます。

  • ハンディタイプは持ち運びで手軽なイメージがあるが重く、長時間向きではない
  • 美顔機能(フォトフェイシャル)はつかえる※詳細はフォトフェイシャルの美顔効果参照
  • カートリッジ(脱毛/美顔)は、小さいタイプがあると便利(顔の鼻下など、狭いパーツに利用できる)

【 追記 】 スリムカートリッジはとても重要!!

LAVIE(ラヴィ)スリムカートリッジ使い続け、スリムカートリッジの重要性を再認識したので、追記します。
まず、顔の口まわり(ひげ)やデリケートゾーンの脱毛を検討している場合、スリムカートリッジは小さければちいさいほど脱毛効果を発揮します。その理由は、1回の照射で脱毛威力にムラがあることにあります。
わたしは最初、カートリッジを交換するのを面倒に感じ、普通サイズのカートリッジでデリケートゾーンをケアしていました。ところか数カ月して、V・V上は薄くなってきているのに、I・Oにまったく変化がなく、おかしく感じていました。
その理由はIラインの構造上、普通サイズのカートリッジの上部で照射していたから。照射面の中心が1番威力があるのに、ハジをあてていたから脱毛効果が皆無だったのです。そこに気がつき、スリムカートリッジに変更したら
1回でかなり薄くなってくれました。しかも痛みも少なく、効率が良過ぎです。
スリムカートリッジの大きさはラヴィが2.5㎠と、1番小さいサイズです。狭目のパーツをしっかりと脱毛したいと思っているかたは、ラヴィをお勧めします。

熱しやすく冷めやすい性格なら…
熱しやすく冷めやすい性格の場合、要注意!!買った食後は地道に脱毛しますが、1ヶ月、2ヶ月経過すると想像以上の効果の薄さに、脱毛器は確実にお蔵入りします
皮膚科やサロンと比べお得にケアできると、賢い選択だったハズが逆効果に…そんな性格のあなたには、定期的に通って、プロのエステシャンが脱毛してくれるサロンがお勧めです。

今、人気の脱毛サロンを見てみる

高い買い物安心できる品質を

家庭用脱毛器は高価な買い物。
故障しづらく、万が一のときのサポートをしっかりしてくれるブランドがマスト。
しかしそれ以上に求められるのは、消耗品(カートリッジ)のサポートです。

美顔器等、消耗品を必要とする美容アイテムをつかっているかたなら想像できると思いますが
1度購入すると数年間、愛用し続けます。
付属品、消耗品を買い替える際、型落ちで生産停止、手に入らない…といったことあると
せっかく高いお金をだして購入した初期費用(脱毛器代)が水の泡に。
アフタサービスの充実した製品が、安心することができます。

本当に大丈夫?問題に感じる脱毛器

心配・不安(イメージ)有名な脱毛器でも調べてみると、脱毛効果が薄いもの
(オペレーターに問い合わせしたけど、手入れを楽にするイメージだと断言された)
脱毛器自体は安いけど、消耗品が毎月届いて、トータル価格がかかるもの
照射箇所の形状が浅く、紫外線が漏れるといった安全面に不安を感じる脱毛器がありました。
脱毛の種類や効果、総合的なコスパ、安全性、バランスよい比較が大切です。

家庭用脱毛器 人気ランキング

ケノン

照射面7㎠→9.25㎠拡大!ショット数も増えてコスパ最強で楽天脱毛ランキング174週連続1位更新中!!

LAVIE(ラヴィ)
Laviedoux(ラヴィドゥ)

家庭用脱毛器の選びかた

よく見られている人気コンテンツ

知って納得、脱毛に関するAtoZ

サイト管理者♥プロフィール


わたしが選んだ脱毛器は…
皮膚科、エステサロンの脱毛経験を経て
家庭用脱毛器の魅力にどっぷりハマり中♥

LinkIcon管理者プロフ詳細へ